資産形成曲線を右肩あがりに加速させる取引手法

 

初めまして。
アシュラトレードの考案者、sinと申します。

 

プロのディーラーとして日経225オプションを主に、ファンドからの委託運用と自己資金売買を行い早数年。毎日相場に向かいながらも、パソコンに向かっている時間は日に10分程度とゆったりとした生活を送っています。とは言え時間的自由と経済的自由を手にしながら、自己資金売買だけでも毎月コンスタントに7桁の金額を稼いでいます

 

恐らく今このページをご覧頂いているあなたは、日経225オプションに興味をお持ちか、もしくは投資そのものに興味をお持ちだったり、或いは何かしらの可能性を感じてらっしゃる方でしょう。私sinが日々向かっている相場は日経225オプション市場、そしてこのアシュラトレードもその日経225オプション市場で如何にして稼いでいくか?というマニュアルになります。

 

アシュラトレードを用いた日経225オプション取引は、間違ったやり方さえしなければ私の様に毎日10分程度チャートに向かうだけで、月間20%超の利回りであれば無理なく狙っていく事が可能になります。

「一日たった10分程度で?」
「月間利回りが20%以上?」

など、今の時点であなたにはまだピンと来ない事かもしれないですね。アシュラトレードを使った日経225オプショントレードがどういったものなのか?ここから解説していきますが、その前に少し私の自己紹介をさせてください。


002

名前:sin
性別:男性
年齢:36歳

25歳の時に当時勤めていた会社を辞めて、300万円の貯金で運用を開始。13ヶ月連続で負け続けるが、日経225オプション取引に出会ってから一気に開花。
27歳の時に投資用の法人を設立。29歳の時ヘッジファンドから運用依頼が来るようになる。以降安定したパフォーマンスを継続。
2013年運用ポートフォリオが10億円を超える。
その傍らで個人口座による1000万円の資金でのんびりとアシュラトレードによる運用を継続。オプション市場のより一層の盛り上がりを期待して後進の育成にも取り組む。


簡単な自己紹介ではありますが、改めて、このアシュラトレードの考案者、sinと申します。
さてこの私が日々日経225オプション市場で用いているアシュラトレードは、考え方とコツさえ理解できれば初心者の方でも実践できる簡単なトレード手法です。もちろんあなたにも。

 

 株やFXもやってみたがうまくいかなかった

 オプション取引に興味はあるけど難しそうだ

 チャートに一日中張り付くようなトレードはしたくない

 可能な限りリスクを抑えた資産運用方法を探している

 できるだけ少額から始めたい

 

上の5つの項目はよくある悩みですが、アシュラトレードであればこういった悩みは全く無用です。
繰り返しになりますが日経225オプション市場で用いているアシュラトレードは、考え方とコツさえ理解できれば初心者の方でも実践できる簡単なトレード手法なのです

オプション取引ならではの旨みを限定されたリスクと効率のよいトレード手法で毎月最大限利益に還元していく。アシュラトレードの大きな特徴はこの一文に集約されていると言っても過言ではありません。この手法があなたの資産形成曲線を加速させるその仕組み、どうぞ最後までご覧ください。

 

月に20%超の利益を取りにいける3つの特徴

 

アシュラトレードの肝でありコンスタントに月間20%以上の利回りを実現する為に必要不可欠な3つの特徴。言い換えるなら「三本柱」とも言えるでしょうか。ごく基本的な事柄ばかりですが、しかしここにはプロとして相場に生きる私のエッセンスが随所に詰め込まれています。

 

①時間をお金にかえる

 

株やFXでトレードされていた方は、どんな手法を使っていましたか?

デイトレードやスキャルピング、スウィングトレードと取引スタイルは様々ありますが、株やFXでは相場の上げ下げを予測し当てていくのが基本戦略となります。未来の事は誰にもわからないのにコンスタントに相場の上げ下げを当て続けていかなくてはなりません。

 

特にスキャルピングやデイトレードでは損切りの浅さも求められる事から、よりこの「当てる」部分に精度が求められます。もちろん各種テクニカルやロジックを駆使して、株やFX相場の上げ下げでコンスタントに利益を得ているトレーダーさんもいらっしゃいます。ですが日経225オプション市場では相場の上げ下げを当てていく以外にも、相場のレンジ幅を予想するという方法で利益をあげていく事が可能です。アシュラトレードの基本戦略はこの方法を採用しています。

 

この先相場が上がるのか?それとも下がるのか?を当てなければ利益にならない、もっと言えば相場予測を当て続けなければ資産形成ができないのがFXや株ですね(上のイメージ)。当たる事もあればもちろん外れる事だって沢山あります。

 

一方オプション取引では予め決められた締め日(SQと言います)に市場価格が自分で決めた範囲内に収まっていれば利益になる、という取引方法があります。つまり任意の範囲さえ決めてしまえば、極端に言えば任意の幅も大きく取れば取るほどに、相場が上がろうが下がろうが細かな動きは一切気にしなくても利益を取っていく事ができるんです。

 

今ご覧頂いているアシュラトレードは、この方法を初心者の方にもわかりやすく解説したマニュアルです。

 

 

ひと時バイナリーオプションなるものが流行りかけた事もありましたが、ニュアンスは近いものがあるかもしれません。今この瞬間から上がるのか?下がるのか?を当てていくのではなく、いついつまで~という決まった日付までの間、「価格はこれぐらいの範囲には収まっているだろう」という事を予測する取引スタイルとなります。その決まった日付までの間、価格が予想した範囲内に収まっていればいる程利益を見込むいう形となり、これが「時間をお金に換える」という事なのです。

 

もちろん日々チャートに向かう中で、ポジションの調整を行ったり、もしくは予想レンジを価格が越えてしまった時の対応等に関してはマニュアルにて詳細に解説しています。が、基本的にやる事はこれだけです。相場の上げ下げを当てていくのもひとつですが、これは日経225オプショントレードならではの取引戦略です。

 

②徹底したリスク管理

 

どんな相場であれどんな取引手法であれ、リスクマネジメント(ポジションサイジングや資金管理)は必ず必要です。アシュラトレードでは月間20%以上の利回りを目指しますが無謀な取引枚数でのトレードは一切行いません。相場で損はつきもの。損失が出た時に如何に許容範囲に抑えるか。これが出来なければ、どんなに優れた取引手法でも一度の損失で退場となってしまうケースも少なくありません。
アシュラトレードではプロならではの考え方と実践方法で、資金に対する取引枚数の考え方などリスクマネジメントについても詳しく解説しています。

 

ネットでは少しオプション取引を少し知っている方が「この方法は利益は限定的だが損失は無限大」などと無責任極まりない事を書いていますがこれは全くの間違いです。そもそも相場での取引はリスク管理ありきですから、損失が無限大などという事はありえません。

 

③生活スタイルを変えない

 

相場でトレードをする理由ってなんですか?

 

私は「時間的自由」と「経済的自由」を得る為です。トレードで得た利益を使って、他に自分が興味ある事に挑戦してみたり、遠く外国に旅行に行ってみたり。欲しい物も我慢する事無く買ったり。得た利益で時間的にそして経済的にゆとりある人生を送りたいと思うからです。ですので相場に、そしてトレードにも縛られたくはありません。

 

利益を得る為には相場をチェックする必要は必ずありますが、アシュラトレードを実践するにあたっては毎日相場に向き合う時間、つまり拘束される時間は10分程度なんです。たったこれだけの時間で毎月利益を生み出せるのなら、あえて終日相場に張り付く必要なんてどこにもないですよね。それこそ空いた時間は前月の利益で遊びに行ったり、おいしいものを食べたりと、有意義に過ごせばいいのです。

 

経済的自由に加えて時間的自由も得たいとするなら、相場に張り付く事はある意味本末転倒です。アシュラトレードは毎日相場に割く時間はわずか10分程度。残りの時間はご自身の為に使ってください。本当にたったこれだけの時間で、もう一人の自分が勝手に稼いでくれるという感覚を、実感できるかと思います。

 

濃密なノウハウの詰まったマニュアル

 

アシュラトレードのマニュアルはPDF形式、全59ページの構成となっています。
オプショントレードそのものの基礎から、建玉、利食い、決済、リスク管理他、毎月日経225オプショントレードで堅実に利益をあげていく為のノウハウが凝縮されています。
一部ですが目次を紹介しますと、

 

オプション市場
・日本のオプション市場
・日経225オプション取引
・原資産と権利行使価格の関係
・オプション・プレミアムを決める要素
・ギリシャ指標
・証拠金取引
・世界のオプション市場
・先見の明

 

証券会社の選定
・オプションンの買建、売建の両方が出来ること
・オプション取引の手数料が安いこと
・逆指値注文が出来ること
・必要証拠金が妥当であること
・サポートが良いこと
・練習の必要性
・お勧めの証券会社

 

取引手法
・使用するチャート
・チャートの見方
・チャートから何を考えるのか?
・ポジションの作り方
・アシュラトレードの本質
・絶対遵守要綱

 

損切り注文と利食い注文の出し方
・損切りについて
・損切り注文の発注
・損切りをしないとどうなるか?
・番外編:sinの追証体験
・利食いの仕方
・単利と複利

 

テクニックとアドバイス
・動きに乏しく停滞が続く市場への警戒
・ボラティリティチャートの活用
・後出しじゃんけんの強み
・プレミアムの価格を優先してポジションをとらないこと
・一番のリスクとは何か?

 

トレーディングマニュアルの目次の一部を紹介しましたが、この様に順を追って初心者の方でも実践して頂けるような形でしっかりと解説しています。またマニュアルだけではどうしてもわからない事や疑問点等は、なるべく早く解決して頂けるようにとメールサポートも実施していますのでご安心下さい。

 

よくある質問

 

Q.オプショントレードの経験はないのですが、大丈夫でしょうか?
A.初心者の方も十分理解できる内容になっておりますし、不明な点がある場合はメールサポートをご用意しております。

 

Q.証券会社の指定はありますか?
A.特に証券会社の指定はしておりません。

 

Q.メールサポートは平日のみでしょうか?
A.はい、原則平日の間に受信及び返信を行っております。

 

Q.資金はいくらから始める事ができますか?
A.100万円以上の証拠金を推奨しております。

 

Q.パソコンのスペックはどれくらい必要ですか?
A.現行の物であれば全て問題なくトレードに使えるかと思います。

 

Q.チャートは証券会社のものを使用するのでしょうか?
A.はい、証券会社が提供しているチャート及び取引システムを利用する形になります。

 

Q.アシュラトレードを使えば必ず利益になりますか?
A.アシュラトレードは利益を保証するものではありません。投資の最終判断は必ず自己責任でお願いいたします。

 

Q.返品、返金は可能でしょうか?
A.商品の性質上、如何なる理由であろうとも返品や返金はできません。購入前に十分ご判断下さい。

 

上記のQ&A以外に不明な点がある場合は、下記お問い合わせフォームからご質問下さい。
原則24時間以内に返信いたしますが週末や祝日を挟む場合の返信は休み明けとなります。悪しからずご了承下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

商品内容

 

アシュラトレードの商品内容と価格は以下の通りです。

■はじめにお読み下さい(テキストファイル)
■トレーディングマニュアル(PDF59ページ)
■ポジション管理表(エクセルファイル)
■メールサポート(1年間無料で回数も無制限)
■追加コンテンツ「買い玉を使ったヘッジマニュアル」

 

販売価格:48,000円(税込)

 

※銀行振り込みでの購入をご希望される方は、お手数ですが少し上の方にありますお問い合わせフォームから銀行振り込みでの購入を希望される旨をお送りください。折り返し振込先等ご連絡差し上げます。

 

日々私がどの様に考えトレードしているのか、日々その日のパフォーマンスと共にこちらのブログで記事を書いていますので、是非チェックしてみてください。

 

終わりに

 

ここまでアシュラトレードの長い説明をご覧いただき本当に有難うございます。

 

今でこそ私はこのアシュラトレードによる運用で人並み以上の収入を得ていますが、最初は今の皆様と全く同じ状況でした。いや、もしかしたら皆様より私のほうがよっぽど貧者だったかもしれません。しかも、トレードセンスは皆無に近かったです。なにせ資産運用者になると一念発起してから、13か月連続で損失を計上し続けたのですから・・・普通一年に一回くらいラッキーで勝ちますよね・・・

 

私が並みの人と違ったのは、今にして思えば「やる気」と「忍耐力」でしょうね。私は「諦める」という選択肢がなかったですから(笑)この世界で名を上げるんだと心底決めていました。そんな中で徐々に勝ち方を覚え、それを体系化していくことが出来ました。たった一人でもがき苦しみ続けた日々から思えば、今運用している10億規模のポートフォリオは到底信じられません。でも、私の夢はまだこんなものではありません。あの一番苦しい時期に夢見ていたのは「100億レベルのファンドを運用する」という事でした。私もまだ道半ばです。

 

この世界はリアルな夢を見ることが出来ます。私のように遠回りする必要はありません。どうかこのアシュラトレードで、夢の一歩を踏み出してください。そして、是非皆様の喜びの声を聞かせてください。数年後に「実はアシュラトレードがきっかけで投資の世界に入ったんです」という方と、一緒にファンドを運用できることを楽しみにしています。人生は長いです!お互いまだまだ道半ば!アシュラトレードでより良い人生を共に歩みましょう!

 

【金融商品取引法に基づく表記】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

 

特定商取引法に基づく表記